医者

病人を病院まで送る

Female

腎臓機能が低下して透析が必要となったとき、それだけでなしに送迎のことも考えなければならなくなります。家族はそこまではできないというところが多いとして、病院が送迎を行ってくれるようになっている現状です。

詳細を確認する...

使用上を緩和させるには

Female

更年期障害を改善する方法はいろいろありますが、特に大切なのは日々の生活に少し変化をつけ、適度な刺激を受けることです。そうすることによってイライラが解消された李、物忘れが改善されたりします。イライラする人はビタミンBを多く摂りましょう。

詳細を確認する...

症状と人気のサプリメント

Female

更年期障害は女性特有の病気で、症状の種類はたくさんあって人それぞれですが、重症化すると日常生活にも支障をきたすので、治療や対策は早めに行っておくことが大切です。サプリメントは自分の症状をよく分析して選びましょう。

詳細を確認する...

更年期の不調を治す

更年期の不調の理由

悩み

日本女性の平均閉経年齢は約50歳であり、この閉経を挟んで前後5年合わせて10年間を更年期といいます。この更年期には、ほとんどの女性が心身に何らかの不調が起こると言われ、代表的なものとしてはほてりやのぼせ、急な発汗、頭痛や肩こり、イライラや憂鬱等があり、この時期のこうした症状を一般に更年期障害と呼んでいるのです。更年期障害が起こる理由は、閉経に伴い、体内の女性ホルモンの分泌が減少することで自律神経に乱れが生じるせいと言われています。そこで更年期障害の治療には、減少した女性ホルモンを補充することが効果的とされているのです。この治療をホルモン補充療法といいます。ホルモン補充療法の特徴には、更年期障害の改善と共に、同じく女性ホルモンの減少により起こりやすくなる骨粗しょう症の予防、動脈硬化や心疾患の予防等に効果があることが知られています。

保険診療と自由診療

更年期障害の治療として用いられるホルモン補充療法は保険が適用されます。そのため、1ヶ月にかかる医療費は1000円から3000円と比較的負担が軽めです。ただし、症状の現れ方によってホルモンの薬剤だけではなくその症状を緩和する薬剤も同時に処方される場合もあることから、金額は多少前後するようです。この保険診療以外に病院によってはもう1つ、全て自己負担である自由診療で治療を受ける方法も用意されています。保険診療と自由診療の違いは、診察の内容や処方される薬剤等に大きな違いがあると言われています。たとえば、保険診療では治療に合成ホルモンが使用されますが、自由診療ではより体内のホルモンに近い天然ホルモンを使用していたり、この他カウンセリングを重視する、漢方やサプリメントの使用、健康だけでなく美容効果も期待できるプラセンタ療法の実施など、様々な改善方法を組み合わせてよりきめ細かい治療を実施しています。